2012-03-11(Sun)

一年が経ちました

震災から一年が経ちました。


早いですね。

私はあの日、あの時間をいまだに忘れられません
忘れてはいけないことだとは思うのですが・・・


今日はお家で、家族みんなで黙とうをしました
NHK見ながら。
黙とうの一分間だけ、我慢していた涙を我慢せず流してました。


年が明けてから、芝居に関わることもなく、自分の時間を過ごす中で
震災関連のテレビなどが見れなくなっていました。
それまでは見ることができたし、知ろうとしていたんです。

しかし
ここ最近、本当に見れなくなってしまいました。

思い出すんです。あの時間を。揺れを。津波を。
そして震えてしまったり、涙がとまらなくなるのです。


私はあの時、お家にいました。
母にお誕生日おめでとーと電話をして、先輩とメールのやりとりをしてました。

しかし地震がきたので、
守るべき命を守るために、寝室にいきました。
いままで経験したような地震の気がしたので
すぐおさまると思ったら、おさまらず激しくなるばかりで
ニュージーランド地震のビル崩壊が頭をよぎりました。

このマンション、つぶれてしまうのかもしれない
私は、今日、ここで死んでしまうのかもしれない
いや、死ぬんだ。

死んじゃうんだ

がれきの中から見つかるといいな


でも


死んではダメだ

生きなくちゃ

大丈夫、大丈夫

とりあえず柱のそばに行かなくちゃ


と布団を頭からかぶって、部屋の隅に行きました。
しかし寝室のドアがバタバタ動いて閉まってしまうのです
私は逃げられない という恐怖から、必死でそのドアを抑えました
でも揺れに負けて抑えられずに、何度かドアが閉まったり開いたり


そうこうしてるうちに

揺れがおさまりました。


寝室にあった物干しや、立てかけてあったテーブルは見事に倒れ、
本棚から本がいくつか落ちてました。

さっきまでいたリビングは
背の高いスピーカーが、さっきまで私のいた場所に倒れていたり、
家具はみんな動いてました。
スライドレール式の食器棚はすべて全開。
レンジ上にあったコーヒーメーカーの瓶は落ちて割れて
レンジも移動していて、あと数センチで落ちそうになってました。
冷蔵庫もつっかえ棒していたのに移動してました。

靴箱も、洗濯機も移動してました。

トイレの水もあふれたのか、トイレマットがビチョビチョニなってました

テレビをつけると、茨城県で地震だといってました。
数日前にもあったので、たぶんそうだと思いながらも、
携帯を手にして家族に「生きてるよ」とメールを打とうと思ってたら
緊急地震速報がなったので玄関に移動しました
でもたくさんのものが床に散乱してて
玄関まで行けず廊下で揺れて、座ってじっとするので精いっぱいでした。

何度か揺れて、何をしたらいいかわからず、
とりあえず火事がないか、とか、外の様子はどうなってるんだと
ベランダにでてみることにしました。


空をみると 奇妙な見たこともない
茶色や赤や紫や黄色、水色、たくさんの色が混じり合った色をみました。


「高台に避難してください」「節電してください」
という区の放送を聞きました。

幸い火事はなく、空の色以外はいつもの光景でした。


玄関のドアストッパーは全くきかず、揺れでバタンと閉まってしまうのが怖くて
大きな荷物を玄関において、閉まるのを防ぎました。


テレビでは津波警報の赤いラインが日本列島をすべて囲ってました。
たくさんのジャーナリストとかが、なんか、津波はこれからくるから、川沿いの人は避難してください
とか、色々言ってました。

私は何をしたらいいかわかりませんでした。

高速道路も通行止めになります。というテレビの放送をみて、
しばらくすると
ベランダから見える高速道路は
本当に車が通らなくなりました。


引っ越してから初めて車も何も通らない高速道路を見て
とても静かで気持ちが悪かったです。


同じマンションの方から「大丈夫ですか」と声をかけてもらいました
「いやーすごい揺れだったね」「うちの中めちゃくちゃよー」
「足もと危ないから、靴履いてたほうがいいわよー」

声をかけてもらえて安心もしました。

その間にも揺れてました。


そして、いつでも避難できるようにと
避難袋を玄関わきにだしてみたり、エアコンなどきってコートをきたり、帽子をかぶったり

携帯は受信はたまにするものの、こちらからは一切繋がらず、
災害伝言版に書き込もうにもWEBに繋がらず
もう、こちらからは発信できないもんだとあきらめました。
家族から、私だけ連絡がつかず心配というメールは受信していたので
早く安心させたかった。


そして、
津波の映像を見ました。


韓国の映画で、確か津波がビル街を襲うような映画があったと思います。
CMしかみてなくて
あの時は「こんなことないよー」なんて思ってたけど
実際にあるんだと 思ったんです。


ほんとに、津波ってくるんだ。

って思ったんです。

もちろん、日本列島全部が赤いラインで覆われてたので、くるとは覚悟してたんですが、
その映像は想像をはるかに超えて、何もかも流されてました。
というか、海になっていった 印象がありました。

今でも気になっているのがミニストップに津波がせまる映像です
駐車場には車がとまってて、店内は電気がついていて。
私は、あの時
「お願いだから、逃げてるよね??」と願っていました。
実況してるアナウンサーも
「逃げているでしょうか」と同じ気持ちで必死で伝えてました。


他にも
「いま、空港に津波がきました!」
という実況のもと映像をみたり、

とにかく、

リアルタイムで
あの津波をみたり、揺れを体感していて。




でも、外ではみんな普通に仕事してました。

それが奇妙で不思議でした。
家にいてテレビをみてると、それどころではなかったのです。
でも何もできなかったのです。

夜になると、みんな帰れなくなって行列の映像がありました。

しばらくして
ようやく
家族が帰宅。

ほっとしました。
初めて、ほっとして。生きた心地がしました。


夕飯なんて作る余裕がなくて、何をしたらいいか混乱していました。
だからコンビニに行きました。

そしたらほとんど食べるものがありませんでした。
カップめんとか、ポテトとかの冷凍物を買ったような気がします。

その晩は
なんだかわからないまま、寝ることになったのですが、
揺れているので、全く寝つけず、朝6時にようやく一時間だけ寝たと思います。


こんな感じの一日だったような気がします。



一年たって、ようやく文章におこそうと思ったので実行してみました。


ほんとは、芝居もしばらく出ないつもりだったのですが
震災があって、自分にできること何かあるかなと考えた時に
芝居しかなくて、また脚本も震災に関連してたので
出たくてたまらなくて出させていただきました。

一人でも芝居見て
震災のこと忘れて元気になれた
とか
日常を思い出せた
とか
楽しい時間だった

とか
そういう時間を提供できたらと思えたから。

自分が、震災は忘れてはいけないことだとわかっていながら、
その時一番欲しかったのが
3月11日以前の「日常」だったのです。
今思えば、生きてる今がすでに「日常」なんだけど、
その時は以前の感覚が欲しくてたまらなかった。

だから、
もし同じような人がいたら・・・と思ったんです。
単なるエゴでも何いわれてもいいです。
私は強くそう思ったし、そうしか思えなかった。


また芝居することで、自分の中のバランスを保っていたかもしれません。


震災があって、命を知りました。

あの時見ていた津波の映像の中に
たくさんの命が流されていたことを思うと
胸が苦しくて仕方ありません。
涙がとまりません。


何もできない自分が悔しいけど
募金とか物資を送ることしかできなかった。

そして祈ることしかできなかった。


ただ、そこに、
助かる命もあって、産まれてくる命もあって、

絶望だけじゃなくて、希望もあることを知りました。


そして、まずは、自分が生きていかないと・・・って思いました。

私は、まだまだ弱くて、頼りない精神の持ち主です。
たまに
震えたりしたり、号泣したりします。
いまは緊急地震速報の音だけで震えて号泣します。
情けないです。

でも、
一時期は大丈夫だったんです。

だから、きっと大丈夫になるんです。

少しずつでも、焦らず、
自分の中で整理して、前に進んでいこうと思います。


長文でくだらなくてごめんなさい。

私の中の一つの区切りとして書かせてください。


たくさんの方の支えと、
家族の愛で
私は私があります。


みなさまに本当に感謝しています。
ありがとうございます。

2012-03-06(Tue)

きもちー

今日はあったかいから窓を開けられた\(^-^)/


寒くないから


やっぱしきもちー

2012-03-05(Mon)

少し

視界が開けてきたよ。


久々に相談して、泣いちゃったら

発散できたみたい。へへ。



やっぱり、
何か想ってることを
伝えるのって大切だね。


プロフィール

杉崎綾子

Author:杉崎綾子
(スギザキリョウコ)

声のお仕事はケッケコーポレーションでお世話になっております。
2013年4月をもちまして劇団21世紀FOXを退団いたしました。でもいつかきっとまた舞台にたちたいなーと思ってます。
身長150cm、大人になってから牛乳飲めるようになりました☆
こちらでは私の日常をなんとなくUPしていきます~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ぷよぷよ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog